貧乏人がカードローンで生き方を変える方法

キャッシングベスト3

貧乏人がカードローンを利用すれば生き方を変えられますか?

私の父親は体がそんなに丈夫じゃないのですが、丈夫じゃないのは精神的な面で、そちらの方が深刻です。精神的に患っているわけではないのですが、心が弱いんです。だから、せっかく見つけた仕事もすぐに辞めてしまう。苦労するのは母であり、私を含めた子供たちです。家族の援助の為に私は必至で働いていますが、いまだに貧乏から抜け出せません。カードローンでお金を借りれば、生き方を変えることは可能なのでしょうか・・・?

それはあなた次第です

貧乏でお金がないからカードローンを利用する=貧乏からの脱出!とはならない可能性が高いですね。確かに、生活面の補充としてのカードローンの役割は大きく、利用の仕方次第であなたの人生そのものが大きく変わる可能性を秘めています。しかし、結論から言いますと、カードローンの使い方次第・・・と言えるでしょう。

カードローンへの正しい見方に少し触れておきたいのですが、カードローンは借金であり、借りた後に必ず返済しなければならないものです。ですから、返済の当てが全くないのにカードローンを利用するのは無謀で、借金苦に陥りますます貧乏になる可能性があります。

また、借りたお金の扱い方を、借りる前に学んでおく必要があります。貧乏の原因は様々ですが、一つの要素はお金の上手な使い方を知らないので貧乏になる、というものがあります。お金がないわけではなく、お金の使い方という生活の知恵を知らないがために貧乏な方が少なくないという事実があり、その事実に面と向かう必要があります。

質問者さんの貧乏の理由は家族が主な原因かと思います。質問者さん自体は、勤勉に働き家族を支えているようですので、逆に言えばカードローンでお金を借りても返済の当てはありそうですね。そんな質問者さんに必要なのは・・・

◆返済計画
◆お金の上手な使い方

この2点かと思われます。どのくらい借りても返済可能か、自分の収入とよく相談し、無理のない返済計画を立てるべきです。そして、お金の上手な使い方を学ぶことも必要です。カードローンでお金を借りても、意味のある仕方で利用しなければ生き方を変えることはできません。

失礼な話ですが、あなたのお父様はお金の使い方をあまり分かっていないかもしれません。ですから、お父様にただただお金を渡すようなことはせず、例えばお金と共にお金を使う目的を明確にさせることが必要でしょう。そうすれば、お父様を上手に訓練することにもなります。

以上の2点を忘れることなくカードローンを利用し、少しずつ生き方を変えてみて下さい。あなたの気持ちと努力次第で生き方は変えられます!

あなたは貧乏?貧乏なら貧乏なりの生き方を考えよう!

当たり前ですが私たちの住む世界にはお金持ちと貧乏がいます。そして、その中間にはお金持ちでもなく、貧乏でもないという人がいてそれが全体の90%を占めていると思われます。自分がどの層に属するかは自ずとわかると思いますが、もし自分は貧乏だなと自覚してしまったらどのような生き方をすればいいのでしょうか。お金持ちには2種類あります。はじめからお金持ちだった場合と、自分の努力によってお金持ちになった場合です。貧乏にも2種類あります。はじめから貧乏だった場合と自分の努力が足りずに貧乏になってしまった場合です。一番最悪なのは最初からわりと貧乏だったけど、今現在はさらに貧乏になってしまったケースです。この場合にはまず現状を打破するためのアクションが必要です。アクションを起こすためには先立つものが必要です。それを助けてくれるのがキャッシングなのです。

貧乏という現状をどうにかして、生き方を変えるのも、貧乏なら貧乏なり細々と生きていくのも、人それぞれです。しかし、いずれの場合にもお金が必要になります。もし今現在アルバイトなどでわずかな収入を得ている人はもっと高収入の仕事につく努力をしてみてはどうでしょうか。就職活動をするためにはきちんとしたスーツが必要ですし、交通費などもかかります。またよりよい仕事に就くためには資格などを取得することもおすすめします。資格を取るためには通信や通学講座で学習する必要がありますが、もちろん学費がかかります。貧乏から脱するためにアクションを起こしたいと思っている人はキャッシングでステップアップに必要なお金を借りるのがいいでしょう。

貧乏なら貧乏なりの生き方を!
もしあなたが貧乏を受け入れて細々生きていくと決めたとしても人生には何が起こるかわからず急な出費が必要になることもあります。病気やけがなどでアルバイトを休んでしまうと最低限必要な賃金さえもまかなえなくなります。そんなときに助けてくれるのがキャッシングです。

幸いキャッシングは正社員でなくても定期的な収入があれば借入は可能です。総量規制により借入額は年収の1/3と決まっていますのでアルバイトの年収だと借入できるのは最高でも30万ぐらいでしょう。キャッシングは借入可能額の中で自由に借りたり返したりできますので、必要なときに利用することができます。また50万円以下の借入ですと収入を証明する書類なども必要なく、ネットで手軽に借入できます。またキャッシング会社によってはその日のうちにお金を貸してくれるところもあります。このように頼れるキャッシング会社を日ごろから知っておくことで貧乏生活を快適に送ることができるのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 借りやすい消費者金融を徹底リサーチ!※優良企業を限定公開中! All Rights Reserved.